相続と遺贈の違いとは?知っておきたい相続について

相続と遺贈の違いとは?どのように違うか知っておく

両親から、土地や財産を相続する…という方は多いのではないでしょうか。しかし、相続はそうそう経験することはありませんので、あまり詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。

また、相続というものと、遺贈というものがありますが、これらは良く混同されがちです。具体的に、相続と遺贈はどのように違うのでしょうか。まず、遺贈というものは、基本的に、遺言書がなければ効力が発生しないものになります。つまり、遺言書がなければ、贈ることが出来ないものになります。

しかし、反対に、相続は誰かが亡くなることによって、当然に発生するものであり、相続人は相続をすることが出来るようになっています。この点で、遺贈と相続は全く違っています。

遺贈とは、遺言により、遺言者の財産の全部だったり、また、一部を贈与することになります。 これに対して相続は、人が亡くなることによって、自然に発生するのです。

遺言での相続させると、遺贈するの違いとは?どのように違う?

誰かが亡くなる際には、気になるのが相続に関することです。相続と遺贈では、このように全く意味合いなどが異なりますが、遺言書に書かれている場合にも、その意味が変わってきます。

たとえば、遺言書などで、誰かに財産を譲渡する場合には、「遺贈する」と表現する場合もあれば、「相続させる」と表現する場合もあります。これらは、それぞれ意味が異なってくるのです。

たとえば、「遺贈する」という表現ですが、こちらは、相手が人であれば、誰にでも行うことが出来て、たとえば、他人にも遺贈をすることが出来るのです。これに対して、遺言書においての「相続させる」という表現ですが、こちらは、相手が相続権を持っている、相続人でなければ、相続をさせることは出来ません。

しかし、遺言書で「遺贈する」という表現ですが、こちらは、自由に使う事が出来ます。従って、相続人に対しても、遺贈するという表現については、使用することができます。

相続と遺贈の、その他の違いとは?どのように違う?

このように、相続と遺贈ですが、それぞれ全く意味が異なります。さらに、その他にどのような違いがあるのでしょうか。

相続をする場合には、相続税がかかってきます。相続人が相続をした場合にはこれらの相続税がかかりますが、気になるのは遺贈に関することです。遺贈によって、取得した財産についてですが、実は相続によって、取得した財産と同じように、相続税がかかってしまいます。

遺贈という形で、相続人以外がもしも亡くなった人の財産を取得したとしても、これは、相続財産の評価方法と、全く同じように計算されることになります。

遺贈だからといって、相続税がかからないというわけではないことを知っておく必要があります。ただし遺贈により、たとえば、相続財産を取得した人が、配偶者でもなく、または1親等の血族でないという場合には、相続税は2割加算されることになります。つまり、遺贈は相続人でない場合、相続税が高くなることになります。