売れない土地を相続した場合についての対処法とは?

売れない土地を相続した場合どのような対処がある?

両親が亡くなってしまった…という場合に、現金などの資産だけではなく、不動産を相続するということは多いです。しかし、このような事情で、不動産を相続することになったとしても、その土地や建物などが必ずしも資産価値があるかどうかは分かりません。

資産価値のある不動産であれば、売却をすることも可能となっています。しかし、活用されていない空き家なども含めて、特に田舎には、全く売れない土地というものも存在します。活用していない場合には、税金の負担だけがあり、資産価値がゼロに近い土地なども存在しています。

しかしこういった土地を持っている場合にも、相続をしてしまえば、相続税はかかりますし、さらに持っているだけでも固定資産税というものはずっと発生してしまうのです。そこで、両親が亡くなってしまった場合など、売れない土地を相続した場合には、どのように対処をすればいいのでしょうか。

売れない土地を相続した場合、寄付をすることが出来る

このように、売れない土地を相続した場合には、売れなかった場合にも、その所有権を放棄することは出来ません。このため、固定資産税などが発生してしまうことになります。

そこで、どうしても売ることが出来ないという場合には、その土地や不動産などを寄付をするという方法があります。
寄付といっても、誰でも受け取ってくれるというわけではありません。たとえば、寄付先としては、自治体や、個人、そして、法人、自治会や町内会などの寄付先があります。

どうしても、売れないという場合には、このように寄付をするという方法がありますので、検討してみると良いでしょう。また、売れない土地の相続をする前に、相続放棄をするという方法もあります。

しかし、相続放棄などの場合ですが、これは不要な不動産や土地だけを相続放棄するということができません。このため、相続してしまった場合、寄付などの方が良いといえます。

現金ごと売れない土地の相続放棄をするという方法もある

売ることが出来ない土地を相続してしまい、毎年の固定資産税が莫大なものになってしまうのであれば、相続放棄という方法があります。しかし、この場合、全ての財産を放棄することは出来ません。

しかし、将来に渡る固定資産税のことを考えると、受け取った現金がわずかであれば、それらを天秤にかけて考えて見ることも一つの方法です。

そこで、売れない土地を抱え続けて、そして固定資産税を払うのが損であるという場合ならば、いっそのこと、現金ごと相続放棄とすることも一つの方法となります。

固定資産税に関しては毎年のことになりますので、ちりも積もれば山となるということで、かなりの金額になってしまうこともあります。

また、素人で判断しにくいというのであれば、相続前に、あらかじめ弁護士の方に相談をしておくと良いでしょう。
今は、無料で相続の相談に乗ってくれる弁護士事務所もありますので、事前に検討しておくことがおすすめです。