相続登記の印鑑証明などの必要書類に有効期限はあるの?

相続登記のための必要書類に、有効期限は存在するのか?

両親が亡くなってしまい、相続に関する手続きが必要である…という方も多いのではないでしょうか。
相続登記の手続きというのは非常に複雑となっています。

さらに、相続登記には、いくつか必要書類があります。たとえば、預貯金の相続手続きの際などにも、戸籍謄本、除籍謄本、印鑑証明書などといった書類が必要となります。これらは、全て3か月以内のものとされていることが多いです。

これらの書類に関してですが、有効期限はあるのだろうか…と疑問を持つ方も居ます。基本的には、相続登記の必要書類に関してですが、有効期限というものはありません。このため書類などは有効期限などを特に気にする必要はないといえるでしょう。

しかし、相続人の戸籍謄本など、は亡くなった方の死亡後に取得したものでなければいけません。さらに、評価証明書なども、直近の年度のものを、新たに取り直す必要があります。

相続の際に必要な書類は多岐にわたるが有効期限はない

このように、実は相続登記に必要となっている書類は多岐にわたっています。相続登記を自分で行う場合には、必要書類などを詳しく確認しておくことが必要となります。

しかし、銀行など預貯金などといった、相続手続きですが、これは、戸籍謄本関係書類や印鑑証明書などが、「3か月以内」と指定されていることがほとんどです。このため、相続登記の必要書類も「3か月以内」の有効期限があると思われがちですが、実はそうではないのです。

相続登記の必要書類に有効期限というものは、そもそもなく、たとえば、3ヶ月以上を過ぎてしまっている、何十年も前の戸籍謄本だったり、除籍謄本、または改製原戸籍、そして印鑑証明書、遺産分割協議書なども使用をすることが出来るようになっています。

このように、書類には有効期限はありませんが、戸籍謄本は、被相続人の死亡後に取得しなければならないという決まりがありますので、注意をしましょう。

銀行の相続で必要となる、印鑑証明書についてのこと

預貯金などがある場合には、銀行で相続手続きをする必要があります。この場合には、一般的に、相続人全員の印鑑証明書が必要となってきます。

こちらの、印鑑証明書については、発行日からの使用期限が設けられていて、銀行によってその期限などが異なってきます。

しかし、これは、銀行によってさまざまで、ある銀行では、発行日から3カ月以内の印鑑証明書だったり、別の銀行では、6か月以内となっていることもあります。このため、印鑑証明書の使用期限については、相続手続き先の、それぞれの銀行ごとに事前に確認をしておくことが必要となります。

しかし、印鑑証明書の使用期限についてですが、期限が切れていたり、1日でも過ぎていれば使用をすることができないかというと、そういうわけではありません。数日程度過ぎているだけでも使用できることがほとんどです。つまり、印鑑証明書の使用期限については最終的にその銀行が判断するということになります。