いとこの遺産、相続できるのかできないのか、その方法など

一番近い親族が相続できるというような決まりは基本的になし

まず、いとこに遺産の相続人がいないというのが今回の前提となります。つまりいとこは一人っ子で両親はどちらも他界しており、結婚相手の妻やその子なども一切いないという状況です。

そんな場合、いとこの血縁関係として一番近いのがあなたとなります。ここで、いとこの遺産をあなたは相続できるのでしょうか。結論から言いますと、基本的にはできません。法律で定められた遺産が相続できる相続人は、配偶者、子、両親、祖父母、兄弟姉妹となっています。

ここでもしいとこに兄弟がいてそれが死んでしまっていた場合でも、その子供が遺産を相続できるため、これも上の例には当たりません。

そして、この法定相続人の枠組みはこれ以外の人を認めておらず、つまりあなたは、たとえ一番血縁が近くいとこに遺産を相続する相手がいないというような場合であっても、いとこの遺産を相続することはできないというのが法律で定められてしまっているのです。

遺産を相続する、特別縁故者とはどんな人が対象となるか

では、そのいとこの遺産はどうなるのか、相続人が誰もいない場合、特別縁故者に対する財産分与という制度が浮上します。

この特別縁故者というのは、一緒に住んでいた、介護をしていた、生前の関係が非常に密接であったなどいくつかの例がありますが、はっきりとした定義は無く、特別縁故者であるかどうかの判断というのは事例ごとに家庭裁判所による決定に委ねられることとなっています。

もしそれに当てはまる人物がいないとされれば、いとこの遺産は国庫に帰属するものとなり遺産相続の手続きは終了します。

特別縁故者に認められやすい条件を詳しく挙げますと、被相続人(今回の場合いとこです)と生計を同じくしていた、被相続人の療養看護に務めた、被相続人のとの間で遺産を譲るという口頭での約束があった、被相続人と親子同然の師弟関係があった、などの場合が挙げられます。

逆に言ってしまえば、このどれにも当たらないような時には、特別縁故者に認められるのは極めて難しいということでもあります。

特別縁故者に対する財産分与が行われる際の手続き、処理、流れ

まずは家庭裁判所に申し立てるのが第一となります。そこで最初に死んでしまったいとこの戸籍を確認し、本当に法定相続人が存在しないのかというチェックが行われます。

そこで相続人がいないことが明らかになると、検察官が裁判所に対して相続財産管理人選任申立を行い、遺産の処理の業務を行う相続財産管理人が選任されます。

そして、その管理人の下、二か月間相続人は名乗り出るようにという公布が行われ、現れない場合にはさらに二か月それが延期されます。


それでも相続人がいなかった場合も、まだ特別縁故者の話には移りません。さらに六か月間、相続人の捜索が続けられることになります。ここで申し出が無かった場合にようやく法的な相続人の不存在が確定し、特別縁故者が居る場合には名乗り出て遺産の請求が行えるようになります。

これが認められるかもまた、裁判所の判断次第です。このように手続きがとても複雑なものとなってしまうので、なるべく生前にいとこには遺言状を書いてもらっておくようにしましょう。