相続手続きに必要とされる委任状とは?どんなときに必要?

相続手続きを委任するときには、委任状が必要となる

不動産の所有者が亡くなってしまった場合、この場合には、相続手続きが必要となります。これは、被相続人から相続人へと、相続登記などの、名義変更するといった、手続きのことをいいます。

相続の際には、これらの相続登記の他にも、保険だったり、金融機関の手続きもそうですし、さらには、相続税の納付などもあります。このように、必要な手順が多くあるのです。さらに、相続人が複数人いるという場合には、これらの手続きに関しては、さらに複雑になってしまいます。

最近では、相続人の中の代表者を消えて、その人に依頼をしたり、あるいは第三者である登記の専門家などに、これらの手続きを依頼するといった方法があります。

そうすることで、これらの手続きなどを任せることが出来て、手間を減らすことが出来るのです。そこで必要となるのが相続登記の際の委任状となります。こちらの委任状は、相続手続きを委任する場合に、必要となります。

本人が相続登記をする場合には、委任状は必要がない

相続登記というものは、相続人が複数いるという場合には、その手続きは複雑になりますし、かなりの労力が必要となります。このため、最近では、相続登記任官することは、プロである司法書士に依頼をする方も少なくありません。

しかし、相続登記は、自分自身でも行うことが出来ますので、これは、必ずしも、専門家に頼まなければならないというわけではありません。基本的なものの場合には、自分自身で相続登記をすることも可能となっています。

このように、自分で相続登記をすることもできますので、その場合には、委任状などは特に必要がありません。しかし、自分で相続登記を行う場合ですが、この場合には、自分で全て行う必要がありますので、役所や法務局などへ行く必要があります。

このため、その都度手順、そして方法を聞いて進めていく必要があります。時間や手間がかかってしまうことは知っておく必要があります。

委任状は多くの場合誰に出されているのか?相続の委任状について

相続の際の委任状に関してですが、委任状は必ずしも必要というわけではありません。自分自身で、これらの相続登記を行う場合には、委任状は必要がありません。

しかし、自分自身でこれらの相続登記をすることが難しい場合には、登記の専門家である、司法書士に相続人から出されることがほとんととなっています。また、これらの委任状ですが、相続登記の際に委任状が必要となるのは、不動産の権利を継承する、相続人だけになります。

このため、この不動産の相続権利を破棄する、相続人に関しては、委任状は特に必要がありません。また、これらの相続登記に関してですが、基本的に相続の発生から10ヶ月以内に行う必要があります。

このため、専門家以外の人が行うことはこれは容易ではありません。さらに、委任状については、依頼する相続人が用意する必要はありません。ほとんどが事務所側で用意されていることがほとんどで、署名や、押印をするだけになります。